UVカットで将来の肌も安心

夏の紫外線(UV)はお肌にとって良くないものです。
紫外線を避けるために外出を避ける人も多くいますが、紫外線がガラスを通過してしまう性質をもっているので、家の中にいたとしても完全に紫外線対策をしているという訳にはいかないのです。

 

また、日焼けは健康のあかしとして、積極的に紫外線を浴びてしまう人もいますが、これも非常に危険なことであるのです。
紫外線は、お肌のシミやそばかすを増やしてしまうという働きがあるのです。
また、お肌から水分を奪ってしまうので、お肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。お肌の乾燥は様々なお肌トラブルの原因となってしまいます。
更には、皮膚がんになりやすくなってしまうのです。

 

しかもお肌の老化も引き起こされてしまうのです。
ですから、紫外線の強くなってしまう夏場は特に紫外線対策が必要になってくるのです。
いわゆるUVカットタイプの化粧品を使えばかなりの効果を得ることができるのです。以前はUVカットタイプの化粧品はUVカットはしてくれるもののお肌にかなり負担のかかるものが多かったのですが、最近のUVカットタイプの化粧品は全くそのような問題はなくなってきているのです。

 

UVカットの大きさも化粧品によって大きく変わってきますので、成分表示をしっかりと確かめて、自分の目的に合ったUVカット化粧品を選ぶことが出来るようになっているのです。
紫外線は短期的にも長期的にも体に様々なトラブルを起こしてしまう可能性を秘めています。きちんとした紫外線対策は将来においても非常に重要なことであるのです。

 


化粧品で紫外線を防止する方法

夏場になると紫外線のパワーが増加してくるので、お肌をきちんと紫外線から守ってあげる必要があるのです。
紫外線には以下のようなお肌にはよくない効果があるのです。

 

1:炎症
お肌が紫外線によって赤くなってしまったり、腫れてしまったり、そして水膨れになってしまったりします。
2:黒化
お肌が黒くなってしまいます。シミやソバカスが増えてきます。
3:乾燥
お肌の乾燥を引き起こします。しわが増えてしまいます。また、お肌の抵抗力が下がるので様々にトラブルが起きやすくなってしまうのです。
4:老化
お肌の老化が促進します。お肌の老化はお肌のたるみを増やしてしまうのです。
5:お肌の劣化
お肌がごわごわになります
6:癌
紫外線の作用によって皮膚がんになりやすくなってしまいます。

 

このように大きな危険性を持った紫外線ですが、紫外線対策に大きな効果を持った化粧品が販売されているのです。
紫外線には波長の長いもの(UV-A)と短いもの(UV-B)の2種類が存在しています。
化粧品に含まれている成分に書かれているSPFというのはUV-Bに対する紫外線防御指数です。数が大きな方が紫外線をカットする能力にあふれているのです。
またPAはUV-Aに対する紫外線の防止効果を表しているのです。
 PA+:効果がある
 PA++:かなり効果がある
 PA+++ :非常に効果がある
という意味をあらわしているのです。

 

紫外線は様々にお肌に大きなダメージを与えてしまうものです。
化粧品によってそのダメージを最小限にすることは必要なことであるのです。

 

更新履歴